マンション経営はメリットの多い投資法|安定した未来を手に入れる

不動産投資を知る

講義

人気のマンションやアパート経営を学ぶにはまず不動産投資セミナーに参加してみることです。いろいろな業種の会社が数多くの不動産投資セミナーを開催しているため、自分の都合に合わせていくつか回ってみると良いでしょう。

もっと見る

タイプを知ろう

積み木

投資用マンションには種類がありますが、多くの人が想像するものとしてワンルームマンションがあります。価格がリーズナブルで購入しやすく、中古物件であれば更に手に入れやすくなっています。家賃収入によって利益を出すことができます。

もっと見る

使わない家の活用法

インテリア

リロケーションは何らかの理由で一定期間使用しない物件を賃貸物件として貸し出すというものです。リロケーションでは定期借家契約が結ばれ、これによって契約年数は必ず貸し付ける必要がありますが、契約が満了すると更新は出来ず、必ず物件を返してもらうことができます。

もっと見る

メリットの多い投資手法

外観

マンション経営とは、マンションを購入し、それを賃貸して賃料収入を得ることを言います。マンション経営の種類としては、1棟丸ごと購入し全部屋を貸し出す方法と、1棟のうち1部屋あるいは数部屋を区分所有し貸し出す方法があります。マンション経営は、少額の自己資金とローンという他人の金を使い購入し、賃料収入をローンの返済に充てて、ローンが終了するころには最終的にはマンションという現物を所有することができるというスキームを活用することが多いです。少ない自己資本で不動産を所有することができ、ローン終了後は安定的な賃料収入が入るので長期にわたる安定的な賃料収入が得られるという点で変動が激しい株やFXとは異なる緩やかな投資という特徴があります。

安定的な賃料収入が得られるマンション経営ですが、少額の資本で不動産を入手できる点のほかに、ローンについては税制面でもメリットがあります。例えば会社へ勤務する者が新築のマンションを1部屋購入し、賃貸に出した場合、給与所得のほかに賃料収入として不動産所得が存在することになりますが、新築のマンションの建物分については減価償却できます。よって、家賃収入より減価償却費用が多ければ、不動産所得がマイナスとなることになります。そして不動産所得については給与所得と損益通算するため、所得税、住民税の算定の基礎となる課税所得金額を減額させることとなります。その結果、所得税と住民税が安くなるという節税の効果があるのです。少額の資本で不動産を手に入れ、かつ、その期間の税金が安くなるというメリットは大きいため人気が高い投資手法です。