使わない家の活用法|マンション経営はメリットの多い投資法|安定した未来を手に入れる

マンション経営はメリットの多い投資法|安定した未来を手に入れる

使わない家の活用法

インテリア

一定期間の貸出

マンションや戸建て住宅を所有していても転勤などによって一定期間使わなくなるといったことがあります。このさいのマンションや戸建て住宅を有効活用する方法としてリロケーションという手段があります。一般的に家を貸し出す場合には、賃貸借契約を結んで行うことになりますが、この賃貸借契約には2種類あり、一般のアパートやマンションなどが行う普通借家契約とリロケーションのような一定の期間を区切って契約する定期借家契約です。普通借家契約では、2年ごとに更新することになりますが更新時に正当事由がない限り更新されます。このため、年数を区切っていても家の引き渡しを拒まれるリスクがありますが、定期借家契約では年数を区切って、その年数内は借り主は借りる権利を有するもののその年数に達すると更新はされないため必ず明け渡さなければいけません。このため貸し出す側にとっては必ず家を明け渡してもらえるメリットがあり、使わない家を有効活用する上で有利な契約方法になります。

気をつける点

リロケーションを気をつける点としては定期借家契約によって行われるので契約に基づいた年数は貸し続けることが求められます。契約期間の途中で何らかの理由で契約を解除したい場合には入居者にお願いする必要がありますが、入居者には契約期間内は利用する権利を得ているので拒否されるリスクもあります。特に定期借家契約は公正証書によって結ばれるもので法的な拘束力を持っています。この法的な拘束力があるため安易な計画では、余計なお金を使うことになり、せっかくのリロケーションによって一定の収益を得るといったことが出来なくなります。このため、リロケーションではその住宅を本当にその期間、利用しない状態にあるかどうかを見極める必要があります。